全国のおいしい、たのしいもの探し

沖縄への旅行

九州地方に含まれることも多い沖縄ですが、沖縄県は、日本列島の南に位置し、南西諸島の内、琉球諸島を占める地域です。
大部分の地域が亜熱帯気候に属しており、最も寒い月でも、月の平均気温が18℃以上ある熱帯に属する島もあります。
明治時代まで日本と清国の両方に属し、琉球王国として独自の文化や風習を守っていたため、現在でもそれらは島民の生活に深く根付いています。
また、観光地としても知られ、年間通して全国から観光客が訪れるため、その風土や風習を生かした観光業も盛んです。
その他にも国内有数の長寿地域としても知られ、その生活や食習慣にも注目が集まっています。
亜熱帯で生物にとって好条件の気候に恵まれているせいか、貴重な動植物も多く存在します。
沖縄本島の北部にある森林には「ヤンバルクイナ」、「ヤンバルテナガコガネ」、「ノグチゲラ」などの他、「イリオモテヤマネコ」などの天然記念物の貴重な生物も生息しています。
また、九州地方同様、台風が多く接近することでも知られています。
また、沖縄の方言は日本の方言の中でも特に独特です。
琉球方言とも呼ばれますが、沖縄内部でも違いは大きく、国頭方言、沖縄方言、宮古方言、八重山方言、与那国方言などと分けられます。
漢字の読み方などに独特な物も多く、名前の名字なども沖縄独特の名字も多く存在しています。
明るく暖かく、陽気な南国の観光地というイメージも強くある県ですが、沖縄県に点在している史跡などを見るとそれだけではないことが分かります。
歴史的な背景なども見てみると違った意味での沖縄が見えてくるかもしれません。
沖縄の特産品は南国というだけあって、様々なものがありますが、その中でも代表的な物として、ゴーヤー、泡盛、黒糖、海ぶどうなどが挙げられます。
これらを使ったお菓子やお酒なども多く売られていますので、自宅に持って帰って沖縄気分を味わってみてはいかがでしょう。